自動車保険 安い


保険も乗り換えの時期?

車を乗り換えた際に同時に保険会社もなんて

 

一度は皆さん考えますよね?

 

その方法で良い事と悪いこと両方あること知っていますか?

 

途中切り替えになっていませんか?

 

自動車を乗り換える際に任意保険を新しい車に載せ替えますよね?

 

そのまま内容変更して同じ保険会社で契約。

 

それはそれで良いのですが、どうせならば自動車の乗り換えを機に、新しい別の保険会社をと考える方注意が必要です。

 

保険内容に対して価格が安くなって保証も満足。

 

そこのポイントは良いのですが、途中解約で乗り換えますと、等級がもう1年繰り返さなければなりません。

 

この部分だけが勿体ないですね。

 

お金は月割で帰ってくる?

 

自動車保険を途中解約すると保険料は月割、会社によっては日割り計算され返金されます。

 

金銭的には全く問題なく自動車乗り換え時に自動車保険の切り替えも可能です。

 

どうして保険を乗り換えるの?

自動車を新しいく乗り換えた際に同時に保険も換えるメリットは、保証が新しい車に合ったコースに切り替えられることと、それに伴う価格のメリットです。

 

自動車保険は自動車の時価価値によって変動します。

 

と言うことは年々自動車保険は安くなってい来ます。

 

そこで新しいクルマを買うと新しい車は価値が高いので保険料も上がってしますのです。

 

そこで、同条件でも安い会社がないのかを探すのですね。

 

保証を上げて価格を抑えるネット通販型の保険で見積を取ってみるのも良いかもしれません。

人身傷害補償保険と搭乗車傷害保険

自動車保険は事故を起こした際に、対人、対物に関する補償は安心出来るのですが、その事故で死傷した同乗者や運転者に対する補償はどうなっているのでしょうか。通常相手の対人保険で過失割合によって補償金が出る事になりますが、他は基本的にはありません。この場合の補償をするのが人身傷害保険です。事故のより死傷した運転手と同情者全員が保障されるだけでなく、契約車両以外での車に乗っているときの事故、歩行中の自動車事故の場合にも補償されます。続いて搭乗者傷害保険とは、契約車両での事故のみ運転手、同乗者全員の補償がされます。人身傷害補償保険ほど広範囲な保障はありませんが、必要以上の補償を望まない場合はこちらの方が良いかもしれません。

リスク細分型自動車保険とは?

リスク細分型の自動車保険は保険の自由化以降、参入してきた外資の保険会社によって広められた考え方で、保険契約者の年齢、性別、運転歴、車の使用目的、年間走行距離、地域、車種、安全装置の有無、車の保有台数等、いろいろなリスク要因をもとに保険料金を算定する方法ですから、契約する人によってはメリット、デメリットが大きく表れる保険商品です。今までに事故が無く、免許はゴールド免許、年間走行距離は1000km未満なんて条件の人ならば、かなりの割引を受ける事が出来ると思いますが、事故歴あり、年間走行距離10000km、免許を取ったばかりである、年齢が20代等の条件に当てはまる人は残念ながら割高になってしまうでしょう。ですからデメリットが多くある人にはこのタイプの保険商品は向きませんね。

自動車保険内容とパターン

21社の比較

 

保険の確認をする


▲ページトップへ▲